髪の悩みは人それぞれ|湯シャンで臭いスッキリ

女性

効果的に白髪を染める

中年女性

効率よく染めるために

年齢を重ねると、頭髪に白いものが混じってくることがあります。もちろん誰にでも起こり得る自然なことですが、印象を左右するということもあり、白髪染めを行っている人は多いです。しかし思うように染まらなかったり、染色が落ちるのが予想より早かったりして、定期的に白髪染めを行うのが面倒なことがあります。そのような場合には、普段のヘアケアを見直してみましょう。普段シャンプーをするときにごしごしと洗ったり、濡れた髪をタオルで乱雑に拭いたりしていませんか。または、水気をあまり切らないでドライヤーを使用している、もしくは乾かさずに放置という場合も、白髪染めがうまくいかない原因である可能性があります。髪は適切なケアをしないとダメージが蓄積され、トリートメントや白髪染めの染色剤をうまく吸収・定着出来なくなってしまいます。そのため優しく洗い、乾いたタオルで水気を十分に取ったら、ドライヤーで素早く乾かすという習慣をつけましょう。

お好みで使い分ける

染色剤の洗い残しや匂いが気になるあまり、白髪染めの後は過度に洗髪してしまうという人は特に注意が必要です。洗いすぎは染色剤の定着を阻害しますし、頭皮にダメージを与えてしまいます。出来るだけ過剰な洗髪は避け、頭皮を休ませてあげましょう。白髪染めにはカラーリングタイプのものとトリートメントタイプのものがあります。カラーリングタイプのものは、製品によっては効果が持続しにくいこともありますが、使用後すぐに白髪を染められ、色合いの調節も比較的楽なものが多いです。トリートメントタイプの白髪染めは白髪が染まり始めるまで時間が掛かりますが、継続的な利用で効果時間が長くします。また使用頻度により色合いの調節も可能ですし、髪の健康にも効果があります。好みや状況に合わせて使い分けると良いでしょう。