髪の悩みは人それぞれ|湯シャンで臭いスッキリ

女性

悩みすぎないことが肝心

女の人

原因を知ろう

ほとんどの女性は、妊娠時専用のホルモンバランスの状態があります。もちろん妊娠時専用なので、赤ちゃんを出産後は通常時の状態に戻ります。しかし、その際に身体が変化についていけず、心身に何か不調を来してしまうことがあります。抜け毛もその症状の一つです。髪は女性の命ともいわれるほど、女性にとって大切な存在です。そのため産後の抜け毛が生じた場合は、一時的な変化とはいえ精神的なダメージが特に大きいでしょう。そもそも抜け毛の原因は、頭皮の毛穴が皮脂や汚れで詰まって毛髪にうまく栄養が行き届かないことです。産後は妊娠時とは異なるホルモンが分泌されるため、他のホルモンとのバランスが崩れてしまいます。その結果皮脂を多く分泌し過ぎたり、髪への栄養補給の脳内命令が滞ったりして抜け毛が増えてしまうのです。

対策を立てる

産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌が原因ですが、だからと言って過度の洗髪は必要な皮脂までも落としてしまうので、反って良くありません。また、産後のお肌は普段より繊細になっていますから、洗浄力の強いシャンプーなども控えた方が良いでしょう。熱すぎず冷たすぎない程度のお湯で、抜け毛の原因である毛穴の余分な汚れや皮脂を浮かして流します。また、シャンプーする際は爪で頭皮に傷をつけないように気を付け、頭皮を優しく揉むようにマッサージすると、頭皮の血行が良くなり抜け毛を予防できます。それから抜け毛対策には頭皮の環境改善の他にも、ストレスを緩和させることも重要です。産後のホルモンバランスの変化に身体が対応できるようになれば、心身の不調は自然と緩和されていきます。ですから抜け毛は一時的なものだと理解し、深く悩まないようにしましょう。